豆知識

ロシアンブルーはなぜブルー?|毛色は青ではなくグレーなのに

編集長

ロシアンブルーの毛色はグレー(灰色)なのに、なぜロシアンブルーなのですか?

遺伝子的にみると純正100%のグレーではないため、猫の世界ではブルーと呼ばれています。

この記事を読めば、ロシアングレーよりロシアンブルーの方が適していると感じることができます。

広告

先に結論から|ロシアンブルーはなぜブルー(青)なのか?

【結論】

もともとの毛色はブラック

遺伝子によって毛色がグレーに

グレーの毛色には淡いブルーが混ざっている

(猫の世界ではグレーはブルーという)

だからロシアン「ブルー」

(厳密に言えばロシアン「ブルーグレー」)

一般的に想像するブルーとグレーは全く違う色ですが、

ブルー vs グレー

淡くして比較すると似ている…。

ロシアンブルーはなぜブルー(青)なの?

猫の世界ではグレーはブルー(青)

人間のように寝る猫

ロシアンブルーといえばグレーの毛色が特徴ですが、このグレーを猫の世界ではブルーと言います。

グレーの毛の中には淡いブルーが混ざっていることもあり、見た目はグレーですが、科学的にはブルーなのです。

分かりやすく説明するならば、ロシアン「ブルーグレー(青灰色)」が省略されて、ロシアン「ブルー」なのかなと思います。

ちなみに最近はホワイト、ブラックのロシアンブルーも誕生していますが、ロシアンブルーの毛色はブルーしか認められていません。

ロシアンブルーはなぜブルー?それは遺伝子が青くさせている

毛のベースカラーはブラック、ホワイト、レッド

ロシアンブルー

まず、猫のベースカラーはブラック、ホワイト、レッドで、ダイリュート遺伝子によって、ブラックからグレーやベージュ、レッドからクリームやオレンジに変化していきます。

ダイリュート遺伝子とは?

ダイリュート(dilute)
意味:薄める
劣性遺伝子(d)

デンス(dense)
意味:濃くする
優性遺伝子(D)

ダイリュート遺伝子を持った猫はベースカラーから薄まった毛色になり、ロシアンブルーの場合はブラックが薄まってグレーになっています。

たまに「優性=良い」「劣性=悪い」と勘違いしている方もいますが、それは「優勢と劣勢」。優性とは強く特徴がでるということです。

ダイリュート遺伝子の組み合わせは「DD、Dd、dd」の3パターンで、Dが1つでも入ると色が薄くなりません。

下記の図式をご覧ください。

DD × DD = DD DD DD DD

DD × Dd = DD DD DD Dd

DD × dd = Dd Dd Dd Dd

Dd × dd = Dd Dd dd dd

Dd × Dd = DD Dd Dd dd

dd × dd = dd dd dd dd

ロシアンブルーは「dd」なので、ロシアンブルーは希少な猫といえます。

なお、Pontely(ポンテリー)などの遺伝子検査を受けると「将来的に犬猫がかかりやすい病気」を知ることができます。

ペット(犬猫)遺伝子検査「Pontely」の結果が届きました

ロシア語でロシアンブルー(青)をいうと?

ロシア語でロシアンブルーは

Русская(ロシアの)голубая(青い)кошка(猫)

ブルー(青)と表現するロシア語はない

ロシア語には単純にと表す言葉がないそうです。

ライトブルー голубой

ダークブルー синий

https://www.babbel.com/en/magazine/colors-in-russian/

ロシアンブルーは遺伝子で毛色が薄まったとお伝えしましたが、ライトブルー(голубой)が、その薄まった事実を表しています。

ロシアンブルーの瞳はなぜかブルー(青)から変化する

人間のように寝る猫

ロシアンブルーの瞳はエメラルドグリーンでとても綺麗ですが、生まれたときはブルーです。

そもそも、子猫には瞳に色をつけるメラニンが不足しているので、どんな猫も生まれたときの瞳の色はブルーです。

2か月くらいすると瞳の色が変化し、ロシアンブルーは基本的にエメラルドグリーンになります(イエローのもいます)。

そもそもロシアンブルーとは?

人間のように寝る猫

ロシアンブルーはロシア&イギリス原産の猫です。 

「ロシアのアルハンゲルで自然発生した」、「アルハンゲルからイギリスに移動した」と諸説ありますが、昔はアルハンゲルキャットと呼ばれており、ロシアンブルーに落ち着いたのでロシア出身説が濃厚かなと思います。

ロシアンブルーは第二次世界大戦のあと、絶滅の危機になりましたが、シャムとブリティッシュショートヘアの交配で危機を免れています。

ブリティッシュショートヘアー
ブリティッシュショートヘアー
シャム
シャム

ロシアンブルー以外のブルーな猫たち

ロシアンブルー、ブリティッシュショートヘアに加え、ネベロング、シャルトリュー、コラットらがブルーな猫です。

ネベロングはロシアンブルーよりモフモフしています。ドイツ原産かアメリカ原産といわれています。

フランス生まれのシャルトリューはイエローゴールドな瞳が特徴です。

コラットはシャムがブルーになったような猫で、原産地のタイでは「幸運の猫」と呼ばれています。

ロシアンブルーはなぜかブルーに|グレーじゃなくて良かった

「ロシアンブルーはなぜブルー? 毛色は青ではなくグレーなのに」と題してロシアンブルーの毛色はグレー(灰色)にもかかわらずブルー(青)と呼ばれている理由についてご説明しました。

たぶん見た目で「ロシアングレー」と名付けることもできたと思いますが、ロシアンブルーになったは良かったと思います。

「ブルーな気持ち」「マリッジブルー」などマイナスなイメージもありますが、色のイメージとしてはグレーよりもブルーの方が高級感があり、ロシアンブルーの品位を表すのに最適だと思います。

本当にブルーなロシアンブルーが誕生したら、ちょいと怖いですね…。

広告
ABOUT ME
ねこうぇぶ
ねこうぇぶ
編集長
本サイトでは猫に関するニュース、イベントレポート、キャットフードなどのレビュー記事やロシアンブルーのジェイさん日記などを配信!

編集長はロシアンブルー好き。先代のベルさんは21歳まで命を全う。今は2020年5月生まれのジェイさんと過ごしています。
ピックアップ

Pick Up

新着記事

What's New

豆知識

Knowledge

日記

Diary

キャットフード

Cat Food

猫用品

Cat Goods

食べ物

Food

グッズ

Goods

記事URLをコピーしました